« 筑波医学ラグビー、最重要の第2戦は明日 | トップページ | 赤塚公園30周 »

快勝で今季初白星

 筑波大医学ラグビーは関東医歯薬リーグ1部第2戦を東邦大と行いました。

 前半の立ち上がりから接点での攻防で優勢に試合を進め17点を先制。終了間際にトライを返され17対7でハーフタイム。後半開始から得点を重ねて34対7とリード。反撃を受けるも34対19で今季初白星となりました。

 アタックにおいてもディフェンスにおいても、激しく体を当てられたことが勝因です。先週の手痛い敗戦から立て直しました。この調子を維持して3週間後の第3戦に備えます。

|

« 筑波医学ラグビー、最重要の第2戦は明日 | トップページ | 赤塚公園30周 »