« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

筑波医学ラグビーは2勝目

 マラソンで不甲斐ない結果に終わりましたが、同日に筑波医学ラグビーは関東医歯薬リーグ1部で2勝目を挙げました。強敵・防衛医大にディフェンスをしっかり行い、10対0で勝ったとのことです。

 今週末には第4戦の順天堂が控えています。リーグ初戦敗北から巻き返してきた勢いでしっかりと力を出してほしいです。

 私もシーズン初戦のマラソンで失敗をしてしまいましたが、残り4レースはサブフォー目指してトレーニングを行っていきます。

|

みとマラソンで惨敗

 昨日はみとマラソンを走ってきました。予想通り絶好の気象条件でした。

 14km付近で4時間のペーサーに追いつき集団で進む。中間点が1時間57分で予定より2分遅れ。25kmが2時間18分でやはり想定タイムより2分遅れ。ここから上げていくはずが、給水でペーサーに抜かされることを繰り返し30kmを2時間45分。34kmあたりからペーサーについていけず35kmを3時間15分と失速。緩い登りで足がつりそうになり40kmは3時間46分とさらに失速。41kmでの劇坂につかまりヘロヘロになる。42km通過が3時間59分でこれはまずいのではないかと気付く。ゴールが見えてきたところで3時間59分40秒。あかんと思ってゴールすると4時間1秒。

 その2秒を何で削れなかったのかと自己嫌悪に陥りました。3時間50分の目標タイムは実力不相応でした。つくばマラソンでは4時間のペーサーについていくことを目指します。

|

絶好の気象条件きた

 昨年のフルマラソンでは気象条件に恵まれました。今シーズン初戦のみとマラソンも絶好の天候になりそうです。

 雨上がりで空気が澄み、寒さよりも暖かいほうがベターな体質のところ最高気温20度の予報です。

 25kmを2時間16分、そこからは5km27分で足していく計算でシミュレーションしています。3時間50分切りを目指します。

|

筑波医学は第3戦

 週末はみとマラソンを走ってきますが、筑波大学医学ラグビーは関東医歯薬リーグ1部第3戦を行います。

 相手はメンタルとフィジカルがタフな防衛医大。最初から最後まで激しく体を当てる。今シーズン最も大事な試合で、持っている力を全て出してほしいです。

 私は苦しくなる25kmから上げていくプランでマラソンに臨みます。

|

体重コントロール

 週末のフルマラソンに向けて、体重のコントロールを行っています。

 サウナにこもって何とか59.9kgの表示を出しました。先週に続き2回目の60kg切りです。

 本番のレースでは3時間50分を切れるように、作戦を練っています。

|

早寝早起きを徹底する

 みとマラソンは9時スタートなので、朝の6時半頃に家を出る予定です。

 この1週間は夜更かしを戒め、朝5時半には起きるようにします。

 疲労を残すようなトレーニングは行いません。食事は生ものを避け、炭水化物中心に摂取していきます。

|

マラソンシーズン開始まであと1週間

 今朝は10度を下回り肌寒さを感じます。今シーズン初のフルマラソンまであと1週間になりました。

 走るには絶好の気象条件となりそうです。シーズン初戦は大事であることを、筑波大医学ラグビー部から身を持って学んでいます。

 みとマラソンでのコースベストとなる3時間50分切りを目標として調整していきます。

 

|

早朝のスタイリング

 早朝ランニングではまだ汗が出てきますが、半袖だと手首から手指にかけて冷えを感じるようになりました。

 靴と靴下は厚手のものに変更しました。薄い長袖と手袋をそろそろ着用していこうと考えています。

|

靴下と靴を冬用に替える

 手足の末梢が冷たさを感じる季節になりました。足底の冷えには毎年悩まされます。

 靴下と靴は厚手のものに替えました。

 苦手な冬が迫ってきています。

|

搾りに搾って60kgを下回る

 体重コントロールが思うようにいかず、サウナで汗を出してきました。

 ヘロヘロになりながら、59.95kgの表示を見てギブアップ。みとマラソンまでに一度は60kgを下回ることを、無理やり達成させました。

 夕食では消化の悪い生ものを避けて、腹八分目にするよう心掛けます。

|

日本シリーズのチケット入手断念

 クライマックスシリーズのチケットを入手できなかったので、日本シリーズのチケット購入を調べてみました。

 西武が来れば日程的に行けそうな日があります。しかしチケット料金がクライマックスシリーズの倍以上ということに失望しました。

 普通に考えて、パリーグクライマックスシリーズファイナルステージの方が激闘になるものと思われます。来年の西武やロッテの本拠地公式戦に備えることにします。

|

かつたマラソンのエントリーを忘れずにする予定

 ヤクルトが無安打無得点でクライマックスシリーズ敗退、みとマラソンのゼッケン到着、とかは置いといて。本日かつたマラソンのエントリー開始です。昼休みに行うつもりです。

 茨城5大マラソンの自分勝手な印象を記しておきます。

 みと。地元市民の応援が素晴らしい。最後の劇坂はかなりきつい。

 つくば。フラットコースで時期的にもいいはずなのに相性悪い。自宅から自転車で参加できるのは楽。

 かつた。中間点すぎてからのアップダウンは素人には堪える。参加賞の長袖シャツは良い。

 こが。フラットコースで時期もいい。駅から遠く往復の時間がかかる。

 かすみがうら。気候コンディションの悪いことが多い。最近は不完全燃焼だが自己ベストはここで出した。

|

クライマックスシリーズのチケット入手できず

 神宮なら行けると思い立ち、セリーグクライマックスシリーズファーストステージのチケットを探しました。ヤクルトの相手が巨人になってしまったので嫌な予感がしたのですが、案の定残席なしとのこと。3度目のトリプルスリーを達成した山田を観られずガッカリ。

 ここは事実上の日本一を決めるパリーグクライマックスシリーズファイナルステージだ。西武の秋山を観て、相手がソフトバンクなら柳田・日本ハムなら近藤を観られる!残席なし・・・。出遅れたあ。

 日本シリーズは西武VSヤクルトを希望します。

 

|

ペース配分を練る

 フルマラソンをきちんと走るために目標タイムを決めました。後半に計算ができなくなってくるので、覚えやすくすることが肝要です。

 25kmを2時間16分で、その後は5km27分ペースで刻む。30kmは2時間43分、35kmは3時間10分、40kmは3時間37分となり、3時間50分でのゴール。

 みとマラソンでは41km付近の劇坂に心身が削られるでしょうが、これでいきます。

|

赤塚公園30周

 心肺を上げるトレーニングはそろそろ控えていこうと思っています。先週に続き赤塚公園30周のタイムトライアルを行いました。

 6周で29分48秒、突っ込みすぎずナイスペース。12周で59分26秒、いい感じ。18周で1時間29分11秒、ちょっときつい。24周で1時間59分36秒、1周5分ペースを維持できなくなる。30周で2時間29分43秒、終盤に粘れず先週よりタイムを落としてゴール。

 体重計測では62kg台にリバウンド。ランニングトレーニングでは疲労蓄積しないようにして、体重コントロールに気を付けていきます。

|

快勝で今季初白星

 筑波大医学ラグビーは関東医歯薬リーグ1部第2戦を東邦大と行いました。

 前半の立ち上がりから接点での攻防で優勢に試合を進め17点を先制。終了間際にトライを返され17対7でハーフタイム。後半開始から得点を重ねて34対7とリード。反撃を受けるも34対19で今季初白星となりました。

 アタックにおいてもディフェンスにおいても、激しく体を当てられたことが勝因です。先週の手痛い敗戦から立て直しました。この調子を維持して3週間後の第3戦に備えます。

|

筑波医学ラグビー、最重要の第2戦は明日

 筑波大学ラグビー部医学チームは追い詰められました。明日VS東邦の第2戦が最重要試合となります。

 負けや引き分けは許されません。4点差以上で勝つことで自力優勝の芽が復活します。接点で強くコンタクトすることを心掛けてほしいです。

|

茨城5大マラソン

 素人ランナーにとってフルマラソンに捨てレースはありません。

 10月みと・11月つくば・1月かつた・3月こが・4月かすみがうら、が茨城5大マラソンです。

 シーズン初フルマラソンまで1か月を切りました。全力を出せるよう調整していきます。

|

ポイントトレーニングのメモ

 先週は赤塚公園35周で果てました。懲りずに30周のタイムを計測しました。

 6周で29分4秒、突っ込み過ぎた。12周で1時間21秒、落とし過ぎた。18周で1時間30分31秒、上げたはずなのにタイム向上せず。24周で1時間59分59秒、苦しい。30周で1時間29分36秒、全力を出し切ってのゴール。

 キロ5分で走れる限界は30kmです。

 体重は61kg台、サウナで汗を出しても60kg未満になりません。

|

女性看護師募集中

 女性看護師職員を1名募集しています。

 詳細はホームページの「職員募集」にあります。ハローワークの求人募集も出しています。

 気軽にお問い合わせください。

 

|

筑波医学ラグビー、初戦黒星

 筑波大学ラグビー部医学チームにとって最重要の関東医歯薬リーグが始まりました。

 前半から昭和に押し込まれてPGさらにはトライを奪われる。トライを取り返すも7対10でハーフタイム。後半も早い時間帯に認定トライを奪われる。トライを取り返し、まだ時間を残していたが反撃できず14対17の敗北。

 1週間後の試合が正念場です。4点差以上の勝利で自力優勝の可能性が復活します。対戦相手の東邦は昭和に3点差で勝っており、接戦が予想されます。得点差を冷静に判断した試合運びをしてほしいです。

|

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »