« 日本VSアルゼンチンはプロモーション不足 | トップページ | つくばマラソンに向けて調整不調 »

対抗戦ラグビー観戦

 昨日は関東大学対抗戦ラグビーを観てきました。

 第一試合は慶応VS明治。前半は慶応の出来が良く、明治のいいところが全くなく、22対0で慶応のリード。後半になって明治がFW・BK一体となって攻める姿勢を見せ、最後はラスト1プレーを10分近く攻撃し続けサヨナラペナルティトライ。

 第二試合は帝京VS早稲田。開始早々敵陣でペナルティをもらった早稲田が3点を先制。これが早稲田にとって最初で最後の得点。帝京のFW・BKに次々とディフェンスを切り裂かれ、得点を覚えていないほどのワンサイドゲーム。当たり前のように大敗した早稲田の無策ぶりには首を傾げた。

 今年も帝京の優勝は固いでしょう。

|

« 日本VSアルゼンチンはプロモーション不足 | トップページ | つくばマラソンに向けて調整不調 »