« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

早朝トレーニングをさぼり気味

 右足の痛みが続き、早朝のランニングができていません。替わりに階段昇降などのトレーニングを行うはずがサボっています。

 夜更かしして朝起きられない。朝飯をしっかり食べずに、夜にだらだらと食べてしまう。この悪循環を解消しなければなりません。

 基本に立ち返って早寝早起きを実践します。

|

常総が優勝

 高校野球茨城大会は常総の優勝となりました。

 圧勝を予想しましたが、1対0という最小得点での勝利でした。投手力はある程度計算できますが、打撃力の迫力不足は否めません。センバツでは途中から打つ気配がなくなり、いいところなく初戦敗退でした。

 明徳や光星といった強豪とぶつかって、ひと泡ふかせてほしいものです。

|

茨城大会は本日決勝

 高校野球茨城大会は本日決勝が行われます。

 準決勝の展開や勝ち上がりの予想は外れましたが、懲りずに決勝を展望してみます。

 力は互角ともいわれているようだが、明秀にはノーチャンスと思われる。実質コールド寸前の6点差ほどで常総勝利と占います。

|

準決勝の勝ち上がり予想

 茨城県高校野球大会は準決勝となります。勝ち上がりを予想します。

 常総VS下妻二 常総のコールド勝ちも十分ある。妻二は接戦に持ち込まないと勝機なし。

 霞ヶ浦VS明秀 競ったら霞ヶ浦有利。序盤でビッグイニング作れたら明秀にもチャンスあり。

|

茨城大会ベスト8の勝ち上がり予想

 高校野球茨城大会は本日ベスト8が行われます。勝ち上がりを予想してみます。

 常総VS常磐大 常総に負ける要素なし。

 竜一VS下妻二 下妻二が優勢。

 霞ヶ浦VS波崎柳川 霞ヶ浦勝利で間違いなし。

 明秀VS水城 名前だけなら互角だが実力は明秀。

|

ランニング再開

 夏とは思えない涼しい気温です。1週間ぶりにランニングをしてみました。

 赤塚公園を1周ウォーキングしてアップを行いました。6周走って終了。走っている最中は軽い痛みが出る程度でしたが、ダウン替わりに家まで歩いていると痛みが強くなってきました。

 無理のない範囲でランニングをしていくことと、階段トレーニングを組み合わせていかなくてはならないようです。

|

故障回復を目指し1週間休養

 右腓腹部の痛みを完治させたく、この1週間はいっさいランニングトレーニングを行いませんでした。

 昨日と今日は赤塚公園のウォーキングをしました。ランニングしている方が増えてきています。毎朝抜かされてしまう女性ランナーも健在でした。

 明日から少しずつランニングトレーニングを再開していこうと予定しています。

|

土浦一の夏終わる

 昨日は水戸市民球場へ行ってきました。

 土浦一は水戸葵陵に2対5で敗れました。1番が3塁打1本・2塁打2本と気を吐くも、1・2回戦勝利の立役者だった4番が完璧に抑え込まれての完敗でした。むしろグッドルーザーとしては牛久の戦いぶりが印象に残りました。

 牛久は第2シード霞ヶ浦から2点を先制するも、まずい走塁や守備などで7回終了時には2対8の劣勢。8回裏の霞ヶ浦の攻撃は2死2塁。1打サヨナラコールド負けの場面で3番を敬遠し、前の打席でホームランを打たれた4番と勝負。見事に抑えてコールド回避。打たれても抑えても最後の打者は相手の4番と決めた牛久の采配は讃えられます。

 土浦一の勝利を観戦できないジンクスは継続中。在校時は2敗、卒後は4敗です。

 

|

筑波医学ラグビー、信州に挑戦

 筑波大学ラグビー部医学チームは長野県松本市まで遠征して信州大学医学チームと練習試合を行います。

 昨年は信大に来てもらって練習試合を行いましたが、50点以上奪われて零封されました。

 東医体2連覇中である医学生最強チームの胸を借りるつもりで、夏季強化練習前半を有意義に締めくくってもらいたいです。

|

土浦一、まさかの逆転勝利

 高校野球選手権茨城大会において、土浦一がやってくれました。

 昨年ベスト4の私立強豪・東洋大牛久に0対3のビハインドから4点取って逆転。1点差で迎えた最終回は無死3塁のピンチをしのいで格上を撃破。コールド負けも充分ありえると思っていただけに素晴らしいです。

 春にたまたま観た練習試合はひどかったです。群馬の中央高校?が対戦相手でした。3回裏あたりに土浦一が4点ほど奪取してこれはコールド勝ちかと思わせました。練習試合なのでコールドがないと分かったのは、なんと7回表あたりに11点ほど奪われ7回終了時点で7点差以上負けているのに最後まで試合を行ったから。最終的には17対5くらいのスコアだったと思います。この夏は期待できない・・。これが感想でした。

 次の相手は水戸葵陵で接戦が予想されます。勝ち上がった場合の対戦相手はおそらく水城。昨年やはりベスト16で激突し5回コールド負けを喫しました。しかし日立一は水城に勝って決勝まで駒を進めました。

 土浦一の行く手に立ち塞がるのは、水城・明秀日立・霞ヶ浦・常総。くらくらとめまいを起こしそうな相手ばかりです。甲子園への道のりは果てしなく遠いです。

|

階段昇降トレーニングは工夫の必要あり

 右腓腹部の痛みは回復する兆しをみせません。

 自転車トレーニングは夏場だとハンドルのゴム部分が削れて手にくっついてしまいます。そこで次に考えたのが坂道の上り下りを軽く走ること。腓腹部への負担はあまりかからないものの、これでも痛みが生じてしまいます。

 さらに考え出したのが階段昇降です。歩くだけでもかなりの負荷がかかり、腓腹部が痛むことはありません。きついので長い時間やることができません。階段数を少なめにする、何往復ではなく何分と決めて行う、などの工夫が必要です。

 この故障が大会前の発生でなくて良かった、という気持ちでリハビリトレーニングを続けます。

|

土浦一、初戦は勝利

 土浦一野球部は初戦を突破したとのことです。

 次戦は昨年ベスト4の東洋大牛久です。地力の差は大きいですが、くらいついてコールド負けを回避してほしいです。

 改修工事があるのか、今年は土浦市営球場での試合開催はないようです。

|

Windows10へのアップデート

 7月末までWindows10へのアップデートが無料で行えます。

 トラブルを恐れて及び腰でしたが、仕事に使っているPCをアップデートしてみようと考えています。

 時間を充分に確保してからチャレンジしてみます。

|

赤塚公園でのトレーニングできず

 右腓腹筋を痛めてから3週間経過しました。回復具合は悪いです。

 朝の赤塚公園ランニングをやらずに、自転車トレや筑波大医学ラグビーが練習している脇でのリハビリトレをやってきました。来週まではこのスタンスでいきます。

 加齢による影響で怪我からの回復が遅くなっています。

|

ホームページの不具合復旧しました

 ホームページのお知らせ欄などが白紙になっていましたが、無事復旧しました。夏季休診の日程もアップロードできました。

 表示がされない場合は、更新ボタンF5を押すことで解消されます。お試しください。

|

夏季強化練習開始

 筑波大学ラグビー部医学チームの夏季練習が始まりました。夜間に行うので、都合のつくときは顔を出しに行ってます。

 学生たちが練習している脇で、ランニングトレーニングをしたいところですが・・。右腓腹部の痛みが長引いており、リハビリトレーニングをしています。陸橋の坂道や階段を昇ったり降ったり、と一人でするには面白くないメニューです。学生たちの頑張りを横目にすることで、モチベーションを保っています。

|

ホームページのお知らせが更新できず

 ホームページのお知らせが更新できない状態になっています。夏季休診のお知らせもアップロードできませんでした。

 夏季休診は院内に掲示していますが、下記のようになっております。ご了承ください。

 8/10(水)から8/17(水)まで 休診

|

酷暑の中で練習試合

 昨日はとても暑い日でした。午前中は保育園のバザーで汗をかきました。

 午後は筑波大学ラグビー部医学チームの練習試合を観に行きました。グラウンドレベルの暑さはかなりきつく、熱中症症状でリタイヤするプレーヤーもいました。

 初心者で入部してきた1年生はデビュー戦でした。さすがにディフェンス主体になってしまい、タックルが甘くなったところを疲れてトライを奪われました。アタックでもボールをつなぐことができませんでしたが、いい教訓になったと思います。

 夏場の強化練習が始まりますが、ここでしっかり鍛錬していってほしいです。

|

トラヴェリングウィルベリーズも良いが

 ジョージハリソンが中心となって組んだスーパーバンド。それがトラヴェリングウィルベリーズです。ボブディラン・ロイオービソン・ジェフリン・トムペティという、豪華な顔ぞろえ。エリッククラプトンが、俺も仲間に入れてほしかった、というこぼれ話があります。

 もちろん素晴らしいのですが、やはりビートルズには敵いません。ポール・ジョン・ジョージ・リンゴがひとつのバンドにいたわけですから。公式録音された全213曲は世界遺産に認定してもらいたいです。

|

レットイットビー、原盤とネイキッドどちらを聴くか

 名盤と謳われることのないビートルズの「レットイットビー」。アルバム制作を途中で放棄し、解散後に編集されてリリースとなりました。

 オーケストレーションを重ねた原盤が長らく出回ってましたが、意図しないその音作りに激怒したポールが主導したネイキッドも今では手に入ります。

 原盤とネイキッドでは収録曲が一部異なり曲順が変わっています。各曲のアレンジも当然異なっています。どちらを聴くべきか?答えは簡単です。どちらも聴くべし。

|

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »