« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

第3戦は今季唯一のホームゲーム

 筑波大学ラグビー部医学チームは、関東医歯薬リーグ2部においてここまで0勝2敗です。今週末には今季唯一のホームゲームで強豪・聖マリアンナと試合を行います。

 実力で劣るチームが気持ちで負けていては話になりません。練習のときからモチベーションを上げていかなければ、本番の試合でも上がりません。まだまだ奮起が必要です。

 

|

インフルエンザワクチン予防接種実施中

 インフルエンザワクチンの予防接種は当院では予約制を取っておりません。ワクチンの在庫がある限り、来院した接種希望者に順次接種しています。

 料金は1回3600円です。12歳以下は2回接種となるため、初回時に2回目の予定を決めていただいてます。

 希望者は気軽に直接来院してください。

|

ランニングトレーニングでアクシデント続く

 つくばマラソンまで4週間となりました。左膝の調子が回復し、ここ10日ぐらい乗ってきた感じがあったのですが・・・。

 持病である左足底の痛みが出るようになってしまいました。規則正しい生活や患部のマッサージなど、基本をもう一度見つめ直していきます。

 思い通りにいかないのがフルマラソン。少なくとも走るのをやめなかった、と言えるようにしたいです。挑戦を続けていきます。

|

四種混合ワクチン

 11/1からつくば市で四種混合ワクチン接種が開始となります。従来の三種混合に不活化ポリオを加えた四種となっています。生後3か月から12か月までが対象となります。

 生ポリオワクチン・単独不活化ポリオワクチン・三種混合ワクチンのいずれか1回でも接種歴がある場合は対象とならないのでご注意ください。

|

逆境の時こそチームの底力が出る時

 筑波大学ラグビー部医学チームは関東医歯薬リーグ2部において、ここまで0勝2敗と苦しい状況となっています。次戦の相手は、我々が負けた日本歯科に29対7で快勝している聖マリアンナです。机上の計算では優劣の差は明らかです。

 劣勢の立場にいる者として、少なくとも気力で負けていたら話になりません。そのうえでやることを絞り徹底していくことが求められます。

 最重要と位置づけられる、第3戦の聖マリアンナ戦。ホームゲームであることを味方につけ、ピンチの時こそOBからの声援をお願いしたいものです。

|

Aチームは明治に惜敗

 筑波大学ラグビー部医学チームが大敗した同日に、Aチームは対抗戦で明治に27対31で敗れました。

 早慶明帝の強豪対戦相手では最大の難敵・帝京戦が残っています。明治には敗れたものの、早稲田2年連続撃破のAチームからは勇気をもらっています。

 我々医学チームもAチームに好影響を及ぼすような試合をしたいものです。自分たちは挑戦者であるという自覚を持って試合に臨んでいきます。

|

筑波大学ラグビー部医学チーム、第2戦は大敗

 筑波大学ラグビー部医学チームは関東医歯薬リーグ2部の第2戦を昨日行いました。獨協医大に0対40という大差で敗れました。地力で圧倒されての完敗でした。

 反省・修正すべき点はたくさんありますが、やれることを絞って練習し、試合に生かさないといけません。

 現時点で1部昇格入替戦出場の可能性はほぼ無くなっただけでなく、3部降格入替戦出場が濃厚になったことをきちんと認識しないといけません。

 ホームゲームとなる第3戦は2部最強と謳われる聖マリアンナと2週間後に行われます。どうやってトライを奪いにいくのかを見つめ直し練習していきます。

|

明日は第2戦

 筑波大学ラグビー部医学チームは関東医歯薬リーグ2部の第2戦を明日行います。対戦相手はここまで2勝無敗と好調な獨協医大です。

 初戦黒星だったとか、他校の結果とか、後の戦いをどうするか、などは一まずおいて、この試合に勝つことだけに集中です。春・夏と練習でやってきたことを初戦では出し切れませんでした。

 自分を信じ、仲間を信じ、プレーはアツく、試合展開は冷静に。必ず勝利をつかみ取ります。

|

ランニング最適時期

 梅雨入り前の5月、そして半袖だとやや肌寒くなる今の10月、ここがランニング最適時期です。

 昨年はずっと暑かったのが急に寒くなり、秋の季節を感じることが少なかった印象が残っています。今年は10月が程よい気候になっています。

 膝の調子が戻ってきたので、つくばマラソンに向けて合わせていこうと思います。とは言っても、ランニングトレーニング中は筑波大学ラグビー部医学チームがどうしたら勝てるかということばかり考えています。

|

Aチームは好調維持

 筑波大学ラグビー部Aチームは好調を維持しています。関東大学ラグビー対抗戦において、ここまで3連勝としています。

 我々医学チームの関東医歯薬リーグ初戦の同日には、早稲田を降しての3勝目でした。今週末には明治とタフな対戦相手が続きます。

 Aチームの勢いをもらって、医学チームも今週末の試合に臨みたいです。

|

膝の回復はまずまず

 左膝の腸脛靭帯炎による痛みがありましたが、学会に参加している間を完全休養に充てたところ、かなり痛みがひいてきました。

 距離を伸ばすトレーニングを慎重に行えば、つくばマラソンに間に合いそうです。

 焦らずにマッサージ・ストレッチ・温浴療法を続けていきます。

|

筑波大学ラグビー部医学チーム、初戦黒星

 学会から戻ってきた翌日の10/14(日)に、筑波大学ラグビー部医学チームの公式戦が開幕しました。結果は3部から上がってきた日本歯科大学に14対17の敗戦でした。

 関東医歯薬リーグ2部の戦いは始まったばかりです。この敗戦を生かして修正していくことが大事です。いいチームは負けた次の試合で巻き返すことができます。

 いつまでも悔やんだり、落ち込んでいる暇はありません。1週間後には第2戦があります。自力で2位以内となって1部昇格入替戦に出場できる可能性はまだ残されています。初戦を落としたことで重要度の比重が高まった第2戦。この1戦をものにすることに集中です。

|

10/11・12・13は休診

 学会参加のため下記日程で休診となります。ご了承ください。

 10/11(木)・12(金)・13(土) 休診

|

膝のケア

 左膝の腸脛靭帯炎に対して、自分なりにケアをしています。

 膝まわりのストレッチを取り入れてみました。入浴施設では水風呂でよく冷却しました。ジェット水や打たせ湯を患部に当てて、マッサージ替わりとしました。

 何も対策しないよりマシなのか、やったという暗示なのか、痛みが少しひいてきています。

|

井出雅子さん健在

 茨城県の誇るベテランランナーの井出雅子さんがやりました。マスターズ陸上1500mで日本記録を叩き出したとのことです。

 井出さんといえばフルマラソンを筆頭に長い距離での強さが光る名ランナーです。本人にとっては短距離ともいえる1500mでも快挙を達成したのは見事です。

 牛久シティマラソン10kmで、井出さんについていって千切られたのは数年前のことです。ここ最近の牛久シティマラソンには出場していなかったようですが、まだまだ健脚で何よりです。

|

インフルワクチン開始

 10/1よりインフルエンザワクチンの接種を開始しました。

 予約ではなく、来院した希望者に順次接種しています。インフルエンザワクチン接種を希望する方は直接来院してください。

 接種料金は1回3600円です。

|

腸脛靭帯炎

 左膝の痛みが続くので、少し調べてみました。症状からすると腸脛靭帯炎です。筋力不足・悪いランニングフォーム・(分不相応の)オーバートレーニングなどで発生するとされ、全て当てはまります。

 マラソン完走が危ぶまれるメジャートラブルですが、ここからがベテランの見せ所です。怪我をしない丈夫な肉体であれば文句なしですが、怪我をしてから練習方法を修正して痛みに付き合っていくことが求められます。

 来週の学会参加を完全オフ期間に充てて、それまでは痛みが出たら無理せずランニングを中止するようにします。今のところ5kmほどで痛み始めてしまいますが、焦らないように心がけようと思います。

|

10月の休診のお知らせ

 学会参加のため、下記日程で休診とさせていただきます。ご了承ください。

 10/11(木)から10/13(土)まで 休診

|

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »