« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

10/31(月)終日休診・11/25(金)午後休診となります

 研修会出席のため下記日程で休診となります。ご了承ください。

 10/31(月) 終日休診

 11/25(金) 午後休診

|

13歳未満のインフルエンザワクチン接種に関して

 当院では予約なしでインフルエンザワクチンを接種しています。13歳未満の方は初回接種後に2週間から4週間あけて2回目接種を行います。ワクチンの在庫がなくならなければ以下の予定とさせていただきます。

 13歳未満の初回接種 11/12(土)まで

 13歳未満の2回目接種 11/29(火)まで

 ワクチン接種は終了時間間際を避けるようお願いします。

|

Aチーム、早稲田に勝利

 関東大学ラグビー対抗戦において、筑波大学ラグビー部(通称Aチーム)は早稲田に21対7で勝利しました。明治・慶応・帝京といったあたりには勝つことがあっても、早稲田とは相性が悪く、今まで公式戦での勝利はわずかに1度あるのみでした。

 いわゆる強豪との対戦は帝京を残すのみとなりました。他校の結果にもよりますが、帝京に勝てれば創部以来初の対抗戦優勝もありえます。

 Aチーム・医学チームともに、ここからが勝負所です。

|

筑波大ラグビー部医学チームは2勝目

 10/23に行われた関東医歯薬リーグにおいて、筑波大は獨協医大に12対7で競り勝ち今季2勝1敗となりました。ここ数年の課題であった、”接戦をものにする”、ことが何とかできました。

 全5戦のうち残すは2試合です。10/30には実力校の聖マリアンナ医大とホームで対戦します。接戦は必至ですが、多くのOBにグラウンドに足を運んでもらい、現役チームを後押ししてもらいたいものです。

|

地元開催のNZが2度目の優勝

 ラグビーW杯2011はNZが仏を8対7で破り、第1回大会以来2回目の優勝となりました。

 互いのSOが怪我により退場するも、仏の出来が良く締まった好試合になりました。欲をいえば一度でも仏がリードを奪う展開を見たかったです。

 筑波大Aチームの早稲田撃破、筑波大医学チームの獨協勝利は、明日以降書き込みます。

|

10/19(水)から10/23(日)まで休診

 学会参加のため、明日から下記日程で休診となります。ご了承ください。

 10/19(水)~10/23(日) 休診

 研修会のため、10/31(月)も休診となります。

|

NZと仏が決勝進出

 ラグビーW杯2011は決勝進出チームが決まりました。

 展開ラグビーの煌めきが鳴りを潜めていながらも、接戦を拾ってきた仏。世界ランク1位の実力通り、圧勝してきた地元のNZ。

 順当なら大差をつけてNZ2回目の優勝でしょう。あまりにもハマッてきたことから来るNZの慢心、いい意味でも悪い意味でも空気を読まず奇跡という枕詞が似合う仏のマジック。これが噛み合うと、波乱があるかもしれません。

|

本日・明日で準決勝

 ラグビーW杯2011は準決勝となりました。対戦成績が新聞に掲載されていましたが、イメージとかなり違っていました。

 仏VSウェールズ W杯ベスト4進出常連の仏が圧倒しているかと思いきや、ほとんど五分でした。仏有利を予想しますが、ウェールズが来てもおかしくないほど調子は上向きです。

 NZVS豪州 過去のW杯で下馬評不利を覆しての豪州勝利が2度あるも、対戦勝利数はNZが約2倍と圧倒していました。ここぞの勝負所で鮮烈な勝ちをもぎとる豪州が来ると予想します。

|

10/19(水)から10/23(日)、10/31(月)は休診

 学会および研修会参加のため、下記日程で休診となります。ご了承ください。

 10/19(水)から10/23(日)

 10/31(月)

|

ラグビーW杯は大詰め

 ラグビーW杯2011は準決勝進出チームが決まり、いよいよ大詰めです。

 準々決勝では、展開ラグビーを志向するアグレッシブなチームが、手堅いチームを破る結果となりました。準決勝を占ってみます。

 ウェールズVS仏 30点前後の取り合いになりそう。大舞台での経験が多く、英を降した仏が有利とみる。

 NZVS豪州 激戦必至。ロースコアとなって、無類の勝負強さを発揮する豪州が来ると予想。

|

筑波ラグビー医学チーム、千葉に敗れる

 関東医歯薬リーグ2部において、筑波大は千葉大に10対13で敗れました。気迫を前面に出してくる千葉大に終始リードを奪われての敗戦でした。

 他校の結果を問わず、1部昇格入替戦出場のためには残り3試合全勝することが求められます。まずは2週間後の獨協に勝利することです。負けはきっちりと反省し、次戦に向けて準備してください。

 

|

本日のTV放映は英VS仏

 ラグビーW杯2011の準々決勝が本日から始まります。

 英VS仏の試合をTV放映する模様です。前回大会では不利と思われながら、英が豪州を破り、仏がNZを破って準決勝で激突したカードです。

 前回は僅差で英が勝利しましたが、W杯においては仏は英に分が悪いです。仏のシャンパンラグビーが見られるのか、英の手堅い試合運びがものをいうのか。英が有利と思われますが、ウィルキンソンのキックが不調のままだと危ないです。

|

豪州VS南アのTV放映ありそう

 ラグビーW杯2011は明日から準々決勝が始まります。最高のゴールデンカードである、豪州VS南アのTV放映がある模様です。

 予選リーグ1位の南アに対して、アイルランドに不覚をとり予選リーグ2位となった豪州ですが、激戦間違いなしと思われます。世代交代を図った若手中心の豪州が来ると予想します。

|

10/9は第2戦

 関東医歯薬リーグ2部において、筑波大学ラグビー部医学チームは10/9に第2戦を迎えます。

 対戦相手は強豪・千葉大医学部です。同じ国立で似た環境と思われますが、昨年まで1部に所属していた尊敬すべきチームです。

 千葉大医学部グラウンドは久し振りになりますが、応援に行きます。

|

トレーニング不調

 つくばマラソンまで2ヶ月を切りました。気温も下がり、走りやすくなってきましたが、ランニングトレーニングは不調です。

 完全な言い訳ですが、ラグビーの応援やW杯のTV観戦で忙しいため練習時間を確保できません。

 一緒に参加する先輩と後輩のトレーニングは順調とのことで、何とかしてこれから上げていこうと思います。

|

決勝トーナメント進出チーム決まる

 ラグビーW杯2011は予選リーグが終了し、決勝トーナメント進出チームが決まりました。北半球と南半球のヤマに分かれましたが、手堅いチームとアグレッシブなチームの対戦となったのも面白いところです。準々決勝を占ってみます。

 アイルランドVSウェールズ どちらも応援したくなる魂あふれるチーム。オーソドックスなアイルランドよりも観客を味方にできるウェールズが来るか。

 英VS仏 相性や今大会の出来では英が有利。シャンパンの弾ける姿を一度も見せていない仏としては、ここが見せ所。

 アルゼンチンVSNZ 実力はNZが上。アルゼンチンとしては常にリードを奪って慌てさせたい。

 南アVS豪州 どちらかというとディフェンシブな南アに対して、攻守ともにオールマイティな豪州。勝敗の行方は全く読めず、TV中継お願いしますというゴールデンカード。

|

本日10/1からインフルエンザワクチン開始

 本日よりインフルエンザワクチン接種を開始します。料金は1回3600円です。

 予約は受け付けていません。希望する方には直接来院してもらいますが、診療時間終了間際は避けていただくようお願いします。

|

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »