« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

明日7/30(土)は休診

 高校野球茨城大会決勝は、9回裏逆転サヨナラで藤代が霞ヶ浦を破り代表になりました。藤代に限らず、今年の茨城代表はどこが出ても甲子園で勝ち進めるような強力なチームはありません。冷静な戦力分析をすると、組合せ抽選が最大の勝負所となるでしょう。おめでとう、そして頑張れ藤代!

 当院は下記日程で休診となりますのでご了承ください。

 7/30(土) 休診

 8/10(水)~8/17(水) 休診

|

決勝は藤代VS霞ヶ浦

 高校野球茨城大会の決勝は雨天のため本日行われるかどうか分かりません。決勝は藤代VS霞ヶ浦の顔合わせとなりました。

 藤代のエース・鵜沢と霞ヶ浦のエース・伊藤を比較すると、球威・制球力で鵜沢が上回るがサウスポー伊藤も打ちにくい。藤代の二遊間を組む1・2番は守備も巧く小技が冴える。藤代の右翼・若泉の完璧なクッションボール処理は常総撃破の隠れた殊勲。

 こう記すと藤代優位に思えるが、振れている下位打線をもつ霞ヶ浦が初優勝と予想してみます。

|

ベスト4はシード上位チームが独占

 高校野球茨城大会も残り3試合となりました。残っているのは第1シード・常総、第2シード・水城、第4シード・藤代、第6シード・霞ヶ浦です。準決勝を予想してみます。

 常総VS藤代 常総有利。藤代としては2点差以内で喰らいつき、得意の終盤勝負に持ち込みたい。

 水城VS霞ヶ浦 昨年の決勝と同一カード。実力伯仲しているが、悲願の初制覇を目指す霞ヶ浦が来ると根拠なく予想。

|

ベスト8決まる

 高校野球茨城大会は本日準々決勝が行われます。8チーム中7チームがシードという波乱のない(判官贔屓としては残念な)顔ぶれになりました。4試合を予想してみます。

 常総VS鹿島学園 圧倒的に常総優位。鹿島学園のシードとしての意地に期待するのみ。

 藤代VS下妻二 実力伯仲の両チーム。藤代のエース・鵜沢と下妻二のエース・諏訪の疲労では、昨日延長戦を投げ切った諏訪が不利。

 水城VS土浦湖北 打力に優る水城が有利。湖北としては接戦に持ち込みたい。

 霞ヶ浦VSつくば秀英 唯一残ったノーシード・秀英だが霞ヶ浦優勢。これ以降で霞ヶ浦の決勝進出はありうるが秀英のそれは考えにくい。

|

シード勢強し

 高校野球茨城大会ではシード勢の強さが目立っています。今のところ8チーム全てが勝ち残っています。

 ノーシード勢で対抗できそうなチームは、土浦日大・水戸商・つくば秀英あたりでしょうか。強豪を楽に勝たせてはいけません。公立校・ノーシード校の奮起を期待します。

|

2回戦が終了

 高校野球茨城大会では2回戦が終了しました。シードの8チームは全て勝ち上がりました。

 ベスト32になって好カードが組まれています。水戸商VS波崎柳川・水戸葵陵VSつくば秀英は楽しみですが、何といっても水戸桜ノ牧VS土浦日大でしょう。マキコウ・ニチダイはともにノーシードながら優勝を狙えるチームです。

 山梨大会ではプロ注目の高橋周平選手を擁する第一シード東海大甲府が敗れました。将来を嘱望される高橋選手は一度も甲子園の土を踏むことなく高校野球生活を終えることになりました。

|

シード校は順当勝ち

 高校野球茨城県大会において、シード校は順当に初戦を勝ちあがっています。私の応援する高校は全て敗退しており、講評を記しておきます。

 牛久栄進 シード漏れした強豪・水戸商に最終回を迎えるまで同点と喰らいついた。負けて悔いなし、完全燃焼。

 水戸一 第一シード常総に無安打で5回コールド負け。実力差はいかんともしがたいが、一矢報いてほしかった。

 土浦一 十分勝てると予想された八千代にまさかの完敗。3年生がごっそり抜けるので1・2年生はこの夏にしっかりと鍛えなおすように。

|

7/19(火)・7/30(土)は休診

 下記日程で休診となりますので、ご了承ください。

 7/19(火) 休診

 7/30(土) 休診

|

筑波大学ラグビー部OB総会

 体育学群中心の通称Aチームと医学チームでの合同による、筑波大学ラグビー部OB総会が行われます。

 医学チームとして資料を作成・提出し、事前会議においてAチームと話し合いをしました。討議事項は大筋で合意し、総会で最終決定となる予定です。

 ラグビー部は夏合宿を経てから、最重要の秋の公式戦を迎えることになります。医学チームは今年こそ関東医歯薬リーグ1部昇格を果たしてほしいものです。

|

1回戦が終了

 高校野球茨城大会の1回戦が終了しました。

 シード漏れした強豪校は全て勝ち上がり、大きな波乱はありませんでした。勝負事に波乱はつきもの、と言われますが基本的には波乱が起こる可能性は極めて低いです。

 可能性が0でないというだけで、水戸一が常総に勝つ・牛久栄進が水戸商に勝つ、ということはほとんどありえません。ここはクジ運を味方にした土浦一に2回戦突破を期待するしかないようです。

|

牛久栄進、本日登場

 土浦一は接戦で何とか1回戦を勝ち上がりました。

 本日は牛久栄進が東海と対戦します。部員不足に苦しむ東海相手にきっちりと勝っておきたいところです。

 明日で1回戦は終了し、予備日をはさんでシード校の登場となります。注目は藤代VS水短で、シード藤代の初戦敗退は十分にありえます。

|

土浦一は本日1回戦に登場

 高校野球茨城大会において、水戸一は5回コールド勝利で順調なスタートを切りました。

 土浦一は本日の1回戦で麻生と対戦します。ベンチ入りメンバーまで含めてほぼ3年生で固めた土浦一としては、この初戦を何とか勝利に結び付けたいものです。

 墓場はここではない、頑張れ土浦一野球部!

|

水戸一が開幕戦に登場

 高校野球茨城大会が本日より始まります。

 水戸一は開会式直後の第一試合に登場して友部と対戦します。散り際が大事とされる高校野球ですが、ここはそのタイミングではありません。

 公立進学校の意地を見せてくれ、水戸一野球部!

|

選手名簿で唸る

 高校野球茨城大会の開幕が近付いてきました。新聞についてきた選手名簿を見ながら、うーむと唸っています。

 20人の選手登録が可能ですが、おそらく部員全員を登録しているにも関わらず”空きのある”チームがいくつかあります。部員確保に難渋していることが予想されます。

 また土浦一がまさに当てはまるのですが、2年生・1年生の登録選手がほとんどいないチームは来年以降どうなってしまうのだろうかという不安を感じます。

 何はともあれ甲子園を目指す大会が明日から始まります。

|

高校野球茨城大会1回戦で好ゲームが期待されるカード

 いかに美しく散るかを求める私にとって、昨年の大会は点差の開く試合が多く残念なものでした。週末には今夏の大会が始まります。締まった好試合を期待できる1回戦のカードをピックアップしてみました。

 取手二VS太田一

 常磐大高VS古河三

 水戸工VS日立一

|

土浦一野球部の目標

 今夏の土浦一野球部の目標を勝手に設定しました。

 1回戦VS麻生 決して強豪ではないがそれは土浦一も同様。ここで散る可能性もあるが何とか勝ちたい。

 2回戦VS八千代 勝たなければいけない相手。

 3回戦VS(おそらく)緑岡か日立商 力の差はそんなにない。ここを突破までは十分ありうる。

 4回戦VS(順当なら)水城か(あるとしたら)明秀日立 圧倒的に劣勢。コールドを回避して9回まで試合を成立させれば完全燃焼。

|

水戸一野球部の目標

 水戸一野球部の今夏の目標を勝手に設定しました。

 1回戦VS友部 必勝あるのみ。

 2回戦VS常総 王者・第一シードといきなり激突。どんな負け方をしても許されるが、できれば9回まで試合を成立させたい。もし大金星をあげることがあれば球史に残る大波乱として今後語られることになる、チャレンジングな試合。

|

牛久栄進野球部の目標

 今夏の牛久栄進野球部の目標を私が勝手に設定しました。

 初戦VS東海 マストウィンの一言。

 2回戦VS(多分)水戸商 5回・6回での10点差コールド負けがありえる。7回・8回での7点差コールド負けでも仕方ない。9回まで試合を成立させれば大健闘。

|

7月と8月の休診日

 下記日程で休診となりますのでご了承ください。

 7/19(火) 休診

 7/30(土) 休診

 8/10(水)から8/17(水)まで 休診

|

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »