« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

インフルエンザワクチンのお話

 土浦ではインフルエンザのため学級閉鎖になったとのことです。ワクチン接種による罹患防止・重症化防止が重要です。常陽リビングの記事を転記します。

Q:去年はワクチン接種したのが良かったのかインフルエンザにはかかりませんでした。今年もワクチン接種をした方がよいのでしょうか。

A:インフルエンザの流行は11月下旬から12月上旬ごろに始まり、翌年の1~3月ごろに患者数が増加、4~5月にかけて減少していくというパターンを示します。毎年のシーズンでは、平均すると人口の10%程度が罹患していると考えられます。流行するインフルエンザウィルスは種類や病原性が毎年変化します。ワクチンはその年に流行するであろうウィルスの型を予想して製造されるので接種することが勧められます。

 ウィルスの型だけでなく、感染経路に関わる気象条件、生活環境の差異、対人接触の程度の差、また宿主因子であるヒトの免疫保有状況など多くの因子に影響を受け、インフルエンザの流行開始時期、ピーク、流行規模は毎年違ってきます。インフルエンザ流行による罹患者数は幼児学童に多いが、死亡数は高齢者層に多く、流行に伴ってインフルエンザ死亡数および肺炎死亡数が増加することが知られています。したがって幼児学童や高齢者だけでなく、これらの人々に接触する方もワクチン接種が勧められます。

 当院では予防に力を入れており、インフルエンザワクチンを積極的に施行しています。去年ワクチン接種をした方もしなかった方も、今年のワクチン接種をお勧めします。

|

ついに寒くなってきました

 過ごしやすいと思っていた時期は早くも終わりそうです。夕方5時には日が暮れてしまい、夜から朝には寒さを感じるようになりました。季節の変わり目は体調を崩しやすいので、早めのケアが必要です。ひどくなる前に受診して治癒にもっていくようにしましょう。

|

アルコール絶ち

 10月に在宅療養支援診療所として24時間往診体制となってから、夜間の往診が2件ありました。今まで毎日晩酌をしていましたが止めることにしました。緊急往診に十分対応できない可能性があるからです。飲む席があるときは、状態にもよりますがあらかじめ在宅の患者さんの許可をもらってからにしようと思います。

 5年前にタバコをやめて、今回アルコールを完全ではないもののやめることになり、ランニング続けていることもあり、自分自身は健康的な生活になっています。

|

筑波大医学ラグビー部、痛恨の連敗

 観戦に行けなかったのですが、関東医歯薬リーグ戦で昨日、筑波大医学ラグビー部は東京医科歯科に敗れたとのことです。これで1部昇格への入れ替え戦に出場する条件として上位2チームに入ることが極めて困難になりました。

 それどころか現実的な問題として、下位2チームに入って3部降格入れ替え戦に回ることを避けなければなりません。チャンスをものにすることは難しく、ピンチをしのぐこともこれまた大変です。

 一つの勝ちに浮ついたり、一つの負けに沈んでいる時間はありません。目の前の試合に力をぶつけるだけです。次の試合は早くも1週間後に慈恵医大とあります。リーグ戦での今季初勝利を強く願います。

|

勝て、筑波大医学ラグビー部!

 関東医歯薬ラグビーリーグ戦で、筑波大医学部は1部から降格してきた東京医科歯科と明日ぶつかります。初戦を痛い黒星でのスタートとなった筑波大ですが、上位2チームは1部との入れ替え戦に臨むことができます。

 昨年、入れ替え戦で敗れた屈辱を胸に秘め、崖っぷちからの快進撃を信じます。そのためには明日の試合は今季の重要な一戦となることは間違いありません。勝て、筑波大医学ラグビー部!

|

赤塚公園でのトレーニング

 タイムが伸びなくても腐らずに練習を継続していた効果が少し出てきました。

 ずっと記録更新できなかった3周(約2900m)が12分26秒。5周(約4850m)が22分17秒。しかし肝心の10周(約9700m)は49分25秒とまだまだ目標には遠いです。

 10kmで45分を切るという最終目標のためには3周で12分、5周で21分、10周で43分あたりを記録できるようにならないといけません。あと2ヶ月半あまりで仕上げられるか自信ないのですが、地道に練習を積み重ねていきます。

|

インフルエンザワクチン接種のお勧め

 インフルエンザワクチン接種の時期になりました。65歳以上でつくば市在住の方は、市から2000円の補助があるので、当院では700円の負担で接種できます。疾患を持っている方はもちろんのこと、普段健康な方も、65歳以上になったらワクチン接種をお勧めします。

 65歳未満は補助がないので2700円となります。小児にも積極的にワクチン接種しておりますので、年内に済ませるようよろしくお願いします。

|

大腸がんのお話

 常陽リビング掲載記事を転記します。

Q:身近な人が大腸がんと診断されました。大腸がんについて教えてください。

A:日本でのがん死亡数部位別順位は男性では肺、胃、肝、大腸の順で、女性では大腸、胃、肺の順になっています。がん総死亡に占める大腸がんの割合は男女ともに年々増加しています。

 大腸がんの発生には、遺伝的要因に加え食習慣を含む生活習慣が深く関与していることが知られています。近年わが国において肉類や脂肪分の摂取増加は顕著であり、これが一部には大腸がんの増加原因となっている可能性があるといわれています。しかし最近では、エネルギーバランスの変化に伴う内臓肥満・運動不足・耐糖能異常も大腸がんの増加原因と考えられています。つまりメタボリックシンドローム患者・糖尿病患者は大腸がんハイリスク患者と考えていく必要があるといわれています。

 日本では便潜血反応による大腸がん検診が施行されています。大腸がんは早期発見することで、救命できる可能性が高くなるだけでなく、外科手術に比べて身体負担の少ない内視鏡的治療で治癒しうる可能性のある疾患です。便潜血検査では、早期大腸がんの検出感度が低い、痔などの良性疾患による陽性率が高い、などの問題点はあります。しかしながら今のところ便潜血検査に替わりうるスクリーニング検査は導入されていません。

 大腸がんが気になる方や便潜血検査希望の方がおりましたら、当院へ気軽にご相談ください。精密検査が必要な場合は速やかに検査可能な病院への紹介も行っています。

|

運動会はほとんど観戦できず

 子供たちの運動会を仕事の昼休みを利用して観に行きましたが、最終種目の父兄リレーをやっているところでした。最近は日曜ではなく土曜に運動会を行うことが多いので、今後も観戦が難しそうです。天候に恵まれたのは良かったです。

|

運動会は秋晴れの下で

  本日は子供たちが通う保育園の運動会です。天気は見事な秋晴れです。昼休みの時間を利用して様子を見に行こうと思っています。

|

インフルエンザワクチン開始しました

 当院では1回¥2700(税込)でインフルエンザワクチンを行います。10月中は在庫があるので予約なしで接種できる可能性が高いです。積極的なワクチン接種をしてインフルエンザの予防をしましょう。

|

赤塚公園で不完全燃焼のまま燃えカスになる

 年明けの牛久シティマラソン10kmに向けて、そろそろ距離を伸ばして走る練習をしてみようと赤塚公園を10周してみました。1周970mなので約9700mになります。

 これが「完走することだけが目標」という自分に負けた走りになってしまいました。完全燃焼することなく燃え尽きてしまった感じです。

 10kmは甘くないですね。練習量は嘘をつきません。3ヵ月後に迫った牛久シティマラソンに調子を合わせられるか不安になってきています。

|

本日10/14(火)の午後診療は3時過ぎから

 本日はつくば市保健予防事業協力のため、午後の診療は3時過ぎからとなります。午前の診療や、午後3時以降の診療はいつも通り行います。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

|

動脈硬化性疾患のお話

 常陽リビングの記事を転記します。

Q:健診で悪玉コレステロールが高く、メタボリックシンドローム気味と指摘されました。今困るような症状があるわけではないので医療機関は受診していません。何かアドバイスはありますか。

A:悪玉コレステロールが高い、あるいはメタボリックシンドロームがある。これだけでは身体症状が出ることはありません。ところがその状態が長く続くと動脈硬化性疾患を発症する危険性が高くなることが知られています。

 動脈硬化とは、血液を運ぶ動脈壁にコレステロールなどが沈着して血管の壁が厚くなり、弾力を失い、血管が狭くなって、血液の流れが悪くなる病態です。この動脈硬化が進むと、血管に付着したコレステロールのたまった膨らみが突然破裂し、血管が詰まったりして、心筋梗塞・脳梗塞などの病気を引き起こすのです。これらを動脈硬化性疾患と呼び、死に至る危険性が高く、死を免れたとしても重い後遺症が残る可能性がある重大な病気です。

 動脈硬化性疾患は予防することができます。食事の内容と量を見直すこと、適度な運動をすること、禁煙することなど、生活習慣を改善しましょう。また必要があれば適切な薬を内服することも重要です。悪玉コレステロール高値やメタボリックシンドロームは放置せず医療機関へ相談してください。

|

自転車をこいで季節のよさに今さら気付く

 今年の夏は本当に暑かったですよねえ。ここ数年暑さに弱くなってきたことを感じています。

 東の自宅から並木ショッピングセンターの職場まで、自転車で通ってみました。暑くもなく寒くもない今の時期はとても快適である、ということに今さら気付きました。朝の通勤時間帯のため、車の排気ガスで空気が澄んでいる感じがあまりしないのが残念です。

 

 

|

10/14(火)の午後診療は3時過ぎから

 10/14(火)はつくば市保健予防事業協力のため、午後の診療が3時過ぎからとなります。ご迷惑をおかけしますがご了承ください。

|

10/16(木)よりインフルエンザワクチン開始

 インフルエンザワクチン接種の時期がやってきました。当院では10/16(木)より接種を開始します。1回税込みで2700円となっております。予防のために積極的に接種されることをお勧めします。

 ワクチンの在庫があれば予約なしでも当日接種できますが、電話にて事前予約をしてくだされば必ず確保しておきます。年内に接種を済ませるようよろしくお願いします。

|

筑波大医学ラグビー部、初戦は黒星

 秋の公式リーグ戦が始まり、筑波大医学ラグビー部は手痛い1敗を喫してのスタートとなりました。戦術面ではFWはスクラム、BKは内側に切れ込むプレーの強化をしてもらいたいと思います。これはコーチや部員が修正してくれるでしょう。

 OBが支えるのは精神面と金銭面です。現役部員に理解してほしいことは、1部入れ替え戦には上位2チームが出場できるということです。勝って浮かれている余裕はないし、負けて落ち込んでいる暇もありません。

 3週間後は1部から降格してきた東京医科歯科大学との対戦です。この試合までにどういった練習の積み重ねをするかが大事です。1部への道のりは険しいことは百も承知ですが、去年の悔しさを忘れてはいけません。最後に笑って終われるシーズンになれるよう頑張りましょう。

|

筑波大医学ラグビー部、今年こそ1部復帰を!

 関東医歯薬ラグビーのリーグ戦が明日から始まります。我が筑波大医学ラグビー部は昨年2部で優勝するも、1部復帰をかけた入れ替え戦で敗れました。現役部員はその悔しさを晴らすためにこの1年間練習を積んできたものと思います。

 約2ヵ月半に及ぶ長丁場ですが、最後に笑えるよう奮闘してもらいたいです。なるべく試合を観にいき応援しようと思っています。頑張れ、筑波大医学ラグビー部!

|

在宅療養支援診療所

 往診・訪問診療に力を入れるべく、当クリニックは10月から在宅療養支援診療所届出医療機関となりました。

 現在昼休み時間に往診などをしていますが、午後の診療に食い込むことがあるかもしれません。また診療中でも緊急往診などで不在になる可能性もあります。ご迷惑をお掛けすることがありますが、ご了承くださるようよろしくお願いします。

|

清原選手、ユニホームを脱ぐ

 清原選手の高校3年間は、私の小6から中2にあたります。私たちの世代では、甲子園のヒーローといえば間違いなくKKの清原・桑田選手でしょう。野球のルールは分かっており、セオリーもある程度知り始めた、この年頃の私たちにはKKは光り輝く存在でした。

 1年時は圧倒的優勝候補の攻めダルマ・蔦監督率いる山びこ打線・池田を粉砕して優勝。その後は優勝候補筆頭で全国高校球児の目標にされながら、準優勝・準優勝・ベスト4、3年時夏を優勝で締めくくりました。

 プロに入ってからは常勝・西武の4番としての活躍が記憶に残ります。長い選手生活お疲れ様でした。

|

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »