« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

つくば市休日当番

 4/29は当院がつくば市休日当番となっています。9時から17時までが受付です。尿検査・心電図・胸部または腹部X線はすぐにできます。採血は可能ですが結果は当日には出ません。内科であるため、切り傷に対しての縫合セットなどの医療器具はないことをご了承ください。

 何かありましたら院長自らが電話対応する予定ですのでよろしくお願いします。

 電話番号 029-869-6969

 並木内科クリニック 院長 石原恒星

|

GWの診療予定

 当院は水・日・祝祭日が休診です。したがって下記の診療となりますのでご了承ください。

 4・27 休診

 4・28 通常診療

 4・29 つくば市休日当番(9時から17時まで)

 4・30 休診

 5・1および5・2 通常診療

 5・3から5・7まで 休診

|

麻しん風しんワクチンやってます

 今年度の4/1より麻しん・風しんの予防接種方法が変更になりました。個人あてに通知の届いた方がいると思います。当院は予防接種協力医療機関であり、ワクチン接種可能です。ただし麻しん・風しん混合ワクチンのみ取り扱っています。

 つくば市から通知の届いた1期から4期の方は全額市が負担してくれます。それ以外の方は自費接種可能です。

 1期:1歳から2歳未満

 2期:H14.4.2からH15.4.1生まれ

 3期:H7.4.2からH8.4.1生まれ

 4期:H2.4.2からH3.4.1生まれ

 ワクチン接種希望の方は電話でお問い合わせください。発注するため1週間ほどいただきます。よろしくお願いします。

|

禁煙治療のお話

 春季高校野球で土浦一高は東洋大牛久にコールド負けしました。夏の大会でのシード権はもらえないでしょう。注目の水戸一高も延長14回の激戦の末に敗退したようです。夏までには立て直してくださいよ。

 大事なことは何度でもということで禁煙治療のお話です。

Q:禁煙外来を受診しましたが禁煙に失敗してしまいました。禁煙治療に成功する人と失敗する人では何か違いがあるのでしょうか。

A:禁煙の動機がしっかりある人の方が成功する可能性が高いといえます。いくらニコチンパッチが“タバコが切れた”という離脱症状を緩和してくれるとはいえ、気の持ち方もとても大事です。ストレスの多い時や落ち込んでいる時よりも、ポジティブなことがあった時に禁煙に挑戦してみる方がよいと思われます。

 また、禁煙外来を受診したその日から禁煙を始めることも大切です。日数をおいてから始めようと思っても踏み切れなくなってしまうことがあります。タバコがまだ残っているからとか未練を残さず、覚悟を決めて禁煙外来を受診しましょう。

 手順に則って治療することも重要です。喫煙の本態はニコチン依存症という薬物中毒です。その強烈な中毒性のために治療が難渋するのですが、3ヶ月で5回受診することとなっています。初回受診したらまずは2回目の受診、そして次の受診とつなげていきましょう。途中で受診をやめてしまうと禁煙に失敗する可能性が高いというデータが出ています。

 同居家族が喫煙しているとやはり禁煙が難しくなります。可能なら同居家族も含めて禁煙に挑戦していくことがよいでしょう。当院ではいつでも禁煙治療を受け付けていますので相談してください。

 

|

子供の虫歯

 先日歯医者さんに行ったところ、4歳の息子と2歳の息子が虫歯を指摘されました。寝る前のハミガキを私が担当しているので責任を感じてしまいます。早く治療をして、今後進行しないようにしっかりとハミガキをするようにします。

 大人になってからは歯医者さんと縁遠くなりましたが、幼少時は連日通院したものです。同じことを子供にはさせたくない、と思っていたのに・・・。反省です。

|

イニシエーションラブ

 乾くるみの「イニシエーションラブ」という本にまんまとやられました。途中から何となく違和感あったのが最後のページで”あれ?”、となり極めつけは最後の2行です。”ちょっと待った”、”いやかなり待ってください”、とのことで作者の思惑通りあっちのページを開いたりこっちのページを開いたりしてようやく納得しました。こういう本もあるのですね。ミステリーに分類されるらしいのですが、まあ楽しませてもらったからよしとしましょう。

 高校野球は夏の地方大会シード権を争う春季大会が始まります。母校の土浦一高は昨秋県大会ベスト4の東洋大牛久と同じブロックになりました。こりゃシード権獲得は難しいですな。

|

人事異動の季節

 4月は人事異動の季節であり、医局に配属されている先輩や同級生・後輩が思わぬ近場で勤務するようになったりします。逆に離れたところへ異動となるドクターもいて連絡が取りづらくなることもあります。

 いくばくかの不安を抱えながら、新しい職場での初日というのは微妙な緊張感に包まれます。学生時代からお世話になっている先生方、異動があっても今後ともよろしくお願いします。

|

沖縄尚学が選抜制覇

 思わぬ大差で沖縄尚学が聖望学園を下して選抜甲子園優勝となりました。下馬評では中の上くらいだったので、意外とまではならないものの、優勝予想できたのは少数派だったのではないでしょうか。

 ぜんそくの話の続きになります。専門用語が多く、難しくなってしまい申し訳ありません。

Q:ぜんそくの治療がどんどん新しいものになってきていると聞きますがどうなのでしょうか。

A:ぜんそく管理の国際指針2006を基にお答えします。ぜんそく治療の目標は良好な症状コントロールを達成し維持することです。良好なコントロールとは「日中の症状が週2回以下」「活動制限なし」「夜間早朝の症状なし」「発作治療薬使用が週2回以下」「呼吸機能が正常範囲」「ぜんそく増悪がない」ことを指します。コントロールが悪ければ5段階の治療ステップに従いステップアップ(治療強化)をしていきます。コントロール良好であればステップダウン(治療軽減)を考慮します。

 どのステップでも発作治療薬として短時間作用性吸入β2刺激薬が必要です。これで症状がコントロールできなければ長期管理薬を追加することになります。長期管理薬で現在市販されている中で最も効果的なのは吸入ステロイドとされています。ステロイドというと副作用を心配する方が多いのですが、吸入ステロイドはいわゆる経口ステロイド薬の100分の1程度の濃度となっており、過剰に心配する必要はありません。

 吸入ステロイドでもコントロール不良であれば長時間作用性吸入β2刺激薬を追加することが推奨されています。それでも効果がなければロイコトリエン受容体拮抗薬やテオフィリン徐放製剤を追加し、最終的には経口ステロイドが必要になることがあります。ぜんそく治療に関して当院へお気軽に相談してください。

|

予想大外しでした。

 選抜甲子園はベスト8がそろった時点で、千葉経大付属の優勝予想しましたが見事に外れました。しかも長野日大に大勝してその勢いで・・・という部分も全く外れ、延長での薄氷の勝利でした。四球と失策は流れを悪くする、のセオリー通りの負け方で納得?です。夏の千葉県地方大会では千葉経大付は代表になれない感じがします。

 春の地方大会が始まっており、夏の本戦に向けてシード権をつかむための、ジャブ応酬から本気のストレートが時に炸裂する季節となってきました。茨城大会では水戸一高旋風を期待します。

|

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »