« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

ジャパン熱かった!

 ラグビーW杯の予選は終盤を迎えています。ジャパンは予選敗退が決定していましたがカナダと先日最終戦を行いました。

 フィジーに負けたのは深夜に起き出して応援しなかったせいではないか。と自県の甲子園出場校が負けたのは自分の応援が足りなかったせいかも、と悔いる小学生ほどの罪悪感を感じていました。

 そんなわけで頑張って晩酌をせずに夜中起き出してTV観戦しました。結果はラストプレーでトライし、難しい角度からのゴールキックも決まり、劇的な12対12の同点でした。この最もボルテージの上がる場面を地上波で放送しなかったことはとても残念でなりません。

 攻撃でダブルラインを引いて裏を通すパスがいくつかあり、今までの戦い方に比べて工夫があったかなと思いました。注目していた大野選手も全体を通して期待通りの活躍をしてくれたと思います。

 決勝トーナメントに入ってからさらなる死闘が繰り広げられるでしょうが、ジャパンの健闘に勇気をもらいました。やっぱりラグビーはいいですね。筑波大学医学ラグビー部、目指せ1部再昇格!安積高校、目指せ3度目の花園出場!そして看護師さん、来てください。

|

看護師募集継続しつつ嗚呼ジャパン

 筑波大学医学ラグビー部ゆかりの看護師さん、もちろんゆかりがなくても結構なので、一緒に仕事してくれませんか。筑波大学医学ラグビー部の学生時代にマネージャーさんに優しく接してなかったツケが回ってきたのでしょう。看護師業務を院長が兼任しなければならない状況になってます。

 それにしてもウェールズ戦はどうしたんだ、ジャパン。無謀を承知で深夜4時に起き出してTV観戦するも、最後まで観ないで5時過ぎにはまた寝てしまいました。オーストラリアには力の差があるのは分かっていたけれど、ウェールズはそこまで強くないでしょう。内側に切れ込む動きをしながらワイドにも振る、という作戦は本来ジャパンがするべきはずです。アタックでもディフェンスでも接点の強さで負けるのは仕方ないが、それ以外での工夫がないように感じてしまいます。気合は十分伝わっているのでカナダ戦では戦術面でのサプライズを期待します。

 しかしラグビー馬鹿からするとベスト8からの試合が本当に楽しみです。前回の決勝は延長・再延長、そして最後はウィルキンソーン!と素晴らしい試合でしたからねえ。今大会のイングランドは私の好きなロビンソン選手が南ア戦で負傷してしまったのが残念ですが、次戦からウィルキンソンが復帰するとのことで立て直してくるのでしょうか。毎回優勝候補筆頭のオールブラックスは今回こそ優勝するのか。シャンパンラグビーのフランスの初優勝はあるのか。ドキドキしています。

|

糖尿病のお話

 夜に起きられず、ラグビーW杯のジャパン対フィジー戦はビデオ録画での観戦となってしまいました。しかも安倍首相の突然の辞任で開始時間がずれ、終了間際のジャパン渾身のアタックが録画されていないという事態に(涙)。結果は31-35の惜敗でしたが、録画だと早送りしてしまうので緊迫感がありません。次のウェールズ戦は起きて観戦しよう、と思ったら放送開始が深夜3時、って無理ですな。

 今回は糖尿病のお話です。

Q:健診で尿糖陽性、空腹時血糖値120でした。医療機関を受診するよう言われましたが糖尿病なのでしょうか。

A:尿糖が出ると糖尿病なのではないかと思う人が多いようです。しかし糖尿病の診断は尿糖検査ではなく血糖値検査で行うことになっています。 

 具体的には①早朝空腹時血糖値126以上②75gOGTT(ブドウ糖負荷試験)で2時間値200以上③随時血糖値200以上、のいずれかが確認されると糖尿病型と判定されます。別の日でも糖尿病型が再確認できれば糖尿病と診断されます。ただし1回の検査で糖尿病型であり次の項目のいずれかがあるとやはり糖尿病と診断されます。●口渇、多飲、多尿、体重減少など糖尿病の典型的な症状がる場合。●同時に測定したHbA1c値が6.5以上の場合。●確実な糖尿病網膜症が認められた場合。 

 質問された方は75gOGTTをやるべきです。朝まで10時間以上絶食で空腹のまま来院し、ブドウ糖を水に溶かしたものを服用し血糖値を測定します。空腹時血糖値が110から126または負荷後2時間値が140から200の場合は境界型といって糖尿病になりかかっていると言えます。もちろん負荷後2時間値が200以上なら糖尿病型なので別の日に再検査をやる事になります。血糖値が健診でひっかかった方はいつでも当院へご相談ください。

|

看護師募集しつつラグビー観戦

 一緒に働いていただける看護師さん、いましたらよろしくお願いします。詳しくは前回の記事を参照してください。

 始まりましたねえ、ラグビーW杯。スカパーを解約してしまいアルゼンチンが優勝候補フランスを破るという激アツな試合を観られませんでした。気を取り直して地上波でジャパン対豪州の試合を夜更かしして観戦しました。3-91での敗戦は予想範囲内であり、頑張りが足りないとは思わなかったし、よくやったとも感じなかったです。次のフィジー戦は少なくとも夜更かしの価値あるいい試合を期待します。ジャパンと筑波大学医学ラグビーチームとすべてのラガーマンを応援し続けます。

|

看護師募集のお知らせ

 つくば市並木で一緒に働きませんか?患者さんに何でも相談してもらえるアットホームな診療を目指しています。

 年齢不問(禁煙外来をしているので喫煙者はご遠慮下さい)

 業務内容:内科外来 今後往診に取り組む予定

 勤務時間:8:45~12:15 14:00~18:30

 出勤日:土曜を含む2~3日 *応相談、正職員でフル勤務希望の相談も乗ります

 時給:准看護師¥1100~ 正看護師¥1300~ *能力給あり

 休診日:水・日・祝日、年末年始、夏季

 クリニック紹介など:URL.namikinaika.com

 連絡先:並木内科クリニック029-869-6969院長石原まで

 よろしくお願いします。

|

間もなくラグビーW杯です

 世界陸上では日本選手が力を発揮できずに予選敗退というパターンが定着しています。その中では中距離の福士選手の頑張りは評価されると思います。ラグビーW杯でジャパンは全敗の可能性が高いのですが気概をみせた闘いをしてもらいたいと思っています。

 メタボリック症候群の続きの話です。

Q:メタボリック症候群の診断基準にひっかかってしまいました。このままでは心臓病や脳卒中になりやすいと分かっているのですが、どうしたらよいでしょうか。

A:近年わが国の食事内容や食習慣が欧米化するにつれ、メタボリック症候群は増加してきています。治療で最も重要なのは生活習慣の改善とされています。薬物療法などが必要になることもありますが、あくまでも基本は生活様式の改善を積極的に行うことです。

 喫煙しているのであれば禁煙して下さい。禁煙による心臓病や脳卒中発症低下に対する効果は年齢や性別を問いません。また、禁煙の効果はその開始とともに速やかに現れ、禁煙期間が長くなるほどさらに効果が出てきます。      

 食生活の是正が必要です。1日の総エネルギー摂取量を適正に保つようにします。標準体重×30で総エネルギーは計算できます。標準体重が60kgなら1800キロカロリーとなります。

 適度な運動をするようにします。適度とは楽からややきついと感じる程度をいいます。1日30分以上を週3回以上するようにします。    

 体重を適正に保つようにします。標準体重が目安になり、身長(m)×身長(m)×22で計算できます。

 さらに詳しく聞きたいという方は、当院でアドバイス致しますので相談して下さい。

|

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »